趣味・ペット

毛が抜けない飼いやすい猫《5選》とは?三毛猫は毛が抜けやすいって本当?

マンチカン 猫

「毛が抜けにくい飼いやすい猫の種類はどれ?」「三毛猫は毛が抜けやすいって本当?」

そんな疑問はありませんか?

猫を飼い始める時、どの猫種を選んだら良いのか迷うことってありますよね。

今回は、猫をはじめて飼う人や小さな子どもがいる家庭でも安心して飼いやすい、毛が抜けにくい猫種をお伝えします。

初心者・小さな子どもがいる家庭は「毛が抜けにくい猫」がおすすめ

はじめて猫を飼うときや、飼いたい猫種が決まっていないとき、「どうやって飼う猫を選ぶか?」迷いますよね。

ペットショップなどに行って、第一印象で選ぶことも良いのですが、いざ飼ってみたものの、お世話ができず困ってしまった…という経験をした人は少なくありません

猫には種類ごとに性格や特性が異なっていて、お世話のしやすさが変わってきます。

お世話のしやすさの1つのバロメーターとなるのが “毛の抜けやすさ” です。

もし、下記の項目に該当する要素があれば、 “毛が抜けにくい猫” を飼うのがおすすめです。

 

<とくに毛が抜けにくい猫を飼った方が良い人の特徴>

・はじめて猫を飼う人(初心者)
・小さな子どもがいる人(猫の抜け毛の誤飲リスク)
・アレルギーのある人(咳き込み・かゆみのリスク)
・高齢の家庭(年々お世話が大変になる可能性)
・毎日掃除機をかけるのがむずかしい人(多忙な人は要注意)

 

三毛猫は毛が抜けやすいって本当?

なお、「三毛猫は毛が抜けやすい」という噂がありますが、三毛猫は『短毛種』と言われる毛が短い猫が多いので、実際は「とくべつ毛が抜けやすい」というわけではありません。比較的お手入れもかんたんなので、あまり心配しなくてもOKです。

ただ、『長毛種』の三毛猫は毛玉が溜まりやすく、毎日ブラッシングしてあげたり、日々のケアが大事になるので、注意してください。

 

毛が抜けにくく飼いやすい猫の種類《5選》

では、ここからは具体的に “毛が抜けにくい猫の種類” を5種お伝えします。

なお、厳密に “毛が抜けにくい猫” と定義した場合、『ヘアレスキャット』という、うっすらと産毛が生えているだけの猫種や、換毛期がなく1年を通して少しずつ毛が生え変わる『シングルコート』の猫種が該当します。

ただ、いずれも日本に多くいる猫種ではなく、ペットショップで高額取引されているなど、「自分が飼うペット」として検討した場合、イメージとちがうことも多いので、今回は、ヘアレスキャット・シングルコートに該当しない猫も含め、いま日本で人気の猫種の中で、比較的毛が抜けにくく飼いやすい猫を5つ紹介します。

 

<参考:ヘアレスキャットの猫種>

・スフィンクス/エルフキャット/ドウェルフ/バンビーノ/ドンスコイ/ミンスキン など。

<参考:シングルコートの猫種>

・ベンガル/シャム/コーニッシュレックス/コラット/シンガプーラ/オリエンタルショートヘア/スノーシュー など。

 

① スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド 猫

スコティッシュフォールド』は、くりっとした丸い目と折れた耳が「かわいい」大人気の猫で、シングルコートではなくダブルコートの猫ではあるものの、比較的抜け毛が少ない猫です。

性格も温和で、飼い主が大好きな猫なので、初心者にもおすすめです。

② ロシアンブルー

ロシアンブルー 猫

光沢のあるブルーの毛と、エメラルドグリーンの目が特徴の『ロシアンブルー』も、短毛種で比較的抜け毛が少ない猫です。

非常に頭が良く、「ボイスレスキャット」と言われるほど鳴くことも少ないので、アパートやマンションなどの集合住宅でも一緒に暮らしやすいのもありがたい特徴です。

③ ラグドール

ラグドール 猫

白くてふわふわした長毛が特徴の『ラグドール』ですが、ふわふわした毛質なものの、比較的抜け毛が少ない猫種です。

「ぬいぐるみ」という名前を持つくらい大人しく、温和で人懐っこい性格なので、猫とのスキンシップを楽しみたい人にもおすすめです。

④ バーミーズ

バーミーズ 猫

バーミーズ』は、シャムの血を引いた猫で、社交的で人見知りしない性格から、世界中で愛されています。

短毛種で抜け毛が少ない猫種で、「話し上手な猫」とも言われるくらい、飼い主の声かけにも反応してくれるので、猫とのコミュニケーションを楽しみたい人にもおすすめです。

⑤ マンチカン

マンチカン 子猫

短い足が印象的な『マンチカン』も、比較的抜け毛が少ない猫です。

異種交配による猫種なので、性格は多種多様で、抜け毛量も個体差はあるのですが、好奇心旺盛で社交的なタイプが多く、初心者でも飼いやすい猫です。

被毛の色も、茶色や黒、焦げ茶などいろいろなので、飼いたい猫の色イメージがある人にも良いでしょう。

自分の生活スタイルに相性の良い猫を見つけよう

これまで見てきたように、はじめて猫を飼う人でも飼いやすい猫種、毛が抜けにくくお世話がしやすい猫種があります。

ファーストインプレッションで飼う猫を選ぶのもよいですが、実際に飼い始めて「お世話できない…」と後悔することがないよう、事前に飼い方の情報を調べておきましょう。

実際の “毛の抜けやすさや性格には個体差がある” ので、飼い始める前にペットショップの店員さんや、ブリーダーさんなどに確認してみるのがおすすめです。

自分の生活スタイルに相性の良い猫を見つけて、飼い主も猫もお互いにハッピーな環境を目指しましょう。

 

関連記事

  1. ヨガ スクール 【マンガでわかる】ホットヨガと普通のヨガの違いは?やめたほうがい…
  2. 犬 一人暮らしだけど犬を飼いたい!どれくらい年収が必要?
  3. love english 英語力を鍛えるゲーム5選!おうちで楽しく学習しよう
  4. 【女1人暮らし犬を飼う】犬種やお金、メリット・デメリットとは?
  5. ねこ 初めて猫を飼う時の準備とは?猫を迎えるのに必要な5つのアイテム
  6. ハンドメイド 材料 今年こそハンドメイドを始めたい! リーズナブルな初心者向けジャン…
  7. 丈夫で飼いやすい猫の5つの条件とは?初心者にもおすすめの5種類

ピックアップ記事

  1. 札幌 子ども ラベンダー畑
  2. 勉強

おすすめ記事

  1. 札幌 子ども ラベンダー畑
  2. 勉強
  3. 日本酒
  4. マンチカン 猫
PAGE TOP